RITROVO

♩3 ピアノ朗読劇

 

2017年7月7日(金)~9日(日)

​@赤坂区民ホール

Piano

立石一海

 

Reading 

吉田仁美

(アミュレート)

広瀬咲楽

(劇団ハーベスト)

田中宏樹

(文学座/TOHOKU Roots Project)

澤山佳小里

(テアトル・エコー)

​馬場史子

伊野尾理枝

(演劇実験室◎万有引力)

中尾隆聖

(ドラマティック・カンパニー)

​(81プロデュース)

【タイムテーブル】

作:柏葉幸子(講談社「霧のむこうのふしぎな町」

演出:永井寛孝

音楽:立石一海

【ピアノ朗読劇「霧のむこうのふしぎな町」】
【劇場】

「RITROVO(リトロボ)」はイタリア語で「沢山の人が気軽に出入りするたまり場・遊び場」。

より良い作品を創り、ピアニスト・作編曲の立石一海の奏でる生演奏のピアノ音楽と俳優の奏でる言葉が紡ぎ出す舞台にお客さまが出会う場になって欲しい、という想いを込めました。

3回目となるホール版の公演は2017年初夏にお届けする、柏葉幸子の名作「霧のむこうのふしぎな町」。主人公のリナが不思議な町で過ごすひと夏の物語。本を読んだ時のわくわくがピアノの音と言葉と共に届けられますように。

 

「この物語を世界中のこどもたちに

自分がこどもだった頃を忘れがちな、かつてこどもだった大人たちに

心からの友情をこめて贈ります。」

 

本を開けばそこに物語の世界が音楽と共に現れます。

​【あらすじ】

心躍る夏休み。6年生のリナはお父さんにすすめられて、一人で旅に出た。

ピエロのついた傘に導かれ、霧の谷の森を抜けると、霧が晴れた後、赤やクリーム色の洋館が立ち並ぶきれいでどこか風変わりな町が現れた。そこはケンタウルスが通りを走り、子鬼が暮らし、魔法がごく当たり前のように使われる不思議な町。

厳しいピコットばあさん、発明家のイっちゃん、優しいキヌさん、名コックのジョン、不思議な猫のジェントルマン。リナが出会う、めちゃくちゃ通りに住んでいるへんてこりんで優しい人々との交流が、みずみずしく描かれる。

 

不思議な町で過ごす、ひと夏の物語。

【タイムテーブル】

※開場は開演の30分前

 

7月7日(金):19:00

7月8日(土):13:00・18:00

7月9日(日):13:00・17:30

【料金】

※全席指定席 

一般:4,000円 /中高生:3,000円/小学生以下:2.000円

港区在住・在勤・在学者:500円割引

(※入場時対象証明確認有)

 

※当日券は500円増 

※中高生チケットは入場時学生証提示

【劇場】

赤坂区民ホール

<港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内>

 

地下鉄 銀座線・丸ノ内線: 赤坂見附駅下車 A出口徒歩10分

地下鉄 大江戸線・銀座線・半蔵門線 :青山一丁目駅下車 4番出口徒歩10分

港区コミュニティバスちぃばす 赤坂ルート44番 「赤坂地区総合支所前」下車

青山ルート44番・125番「赤坂地区総合支所前」下車

【音響】川上清美(ORANGE COYOTE)【照明】森規幸(balance,inc. DESIGN)【美術】片平圭衣子

【舞台監督】坂野早織(TRP/RITROVO)【 ロゴデザイン】敷名めぐみ 【 宣伝美術】martrie

【稽古場アンダー】真砂尚子・井上美咲

【制作】RITROVO 【 制作助手】鈴木茉唯(TRP)【 制作協力】植松侑子

 

【協力(順不同)】講談社、アミュレート、(株)ソニー・ミュージックアーティスツ、劇団ハーベスト、文学座、演劇実験室◎万有引力、TOHOKU Roots Project、81プロデュース、ドラマティック・カンパニー、テアトル・エコー

 

【特別共催】公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団

【後援】港区教育委員会

【企画・製作】RITROVO

【RITROVO】立石一海、坂野早織

【お問い合わせ】 RITROVO ritrovo.labo@gmail.com

【HP】 http://ritrovolabo.wix.com/ritrovo

【twitter】 https://twitter.com/Ritrovo_Labo